私たちは3つのブランドを定義し、この世の全てのブランドを、このうちどれかに分類しています。

ヒトブランド
= 人柄を個性に、得意を武器に、あなたの個性を言葉に変える。

モノブランド
= 価値は、角度で違って見える。その商品(サービス)に決める理由を、磨き上げる。

カネブランド
= どこで稼いで、どう使うのか。お金の流れをデザインする。

 

3つのブランド全てに共通するのは「心」です。「心」は私たちが考えるブランドパワーの源です。

ヒトブランド
「心を引き出す」

モノブランドとカネブランド
「心を入れ込む」

 

暗い部屋で輝く、デザインのよいランプ。実際に輝いているのは、中にある電球です。電球が輝き、ランプ全体が輝いて、部屋を照らします。

それと同じように、ブランドとして輝くには「心」という電球が必要です。

ヒトがおしゃれして、スターを気取っても、ブランドにはなれません。私たちは、ヒトが元々持っている「心」を引き出し、輝く魅力に変えます。

モノやカネには見せかけを飾るだけでなく、「心」を入れ込んで内側から輝かせます。

私たちのブランディングは「心」を重要視します。そして出来上がったブランドは、周りの人たちを温かく照らします。